bnr3 bnr4 bnr2 bnr1

ごあいさつ

皆様もご存知のとおり、2030年には団塊の世代が75歳以上になる超高齢時代に突入いたします。病院で最期を迎えることができない高齢者が50%になるといわれております。また、そのころには現在現役で診療されているベテランの先生方も引退し、在宅医療を行う医療機関が足りなくなることが想定されております。現在も一部の医療機関が在宅医療を行っておりますが、慢性的な人材不足などで、拡大も頭打ちになりつつあります。一方で、外来診療でも高齢者は車椅子で来院することが増えたり、1人で通院困難になったり、今後は高齢者の外来受診は困難になることが予想されます。そこで、現在開業されている先生方に、訪問診療を少しでも開業していただき、訪問診療の需要に応えていただきたく思う所存でございます。
私たちは、そんな外来診療中心の医療機関様に、訪問診療への推進をしていくべく、設立させていただきました。

代表理事

市川耕太

スタッフブログ

2020/8/3
梅雨明け直後からの猛烈な日差しが、ほんとに厳しいですね。
今年はマスクをしながら猛暑を乗り切る初めての夏になりそうです。

毎日の通勤や職場での密に関しては個人で対処出来ない部分ですのでみなさん不安を感じている所ですよね。

私たちの現場でも新規オープンの高齢者施設との打ち合わせに関しては徐々にZoom等のオンラインシステムを使った打ち合わせに変わってきつつあります。
高齢者施設などの介護の現場は常々アナログ過ぎる事が課題としてありましたので、そういった意味では変化する良いタイミングなのかもしれません。

ただ、やはり人間の根本に関わる仕事は接触せざるを得ない部分が多々ありますので、出来る所からはじめていきましょう!!

8月に入り、熱中症の季節になりましたのでポイントをまとめてみました。
参考にして頂ければと思います。

【熱中症予防行動ポイント】
 ①暑さを避けましょう
  ・外出時は暑い日や時間帯を避け無理のない範囲で活動する
  ・涼しい服装を心掛ける
 ②適時マスクをはずしましょう
  ・屋外で十分な距離(2m以上)が確保出来る場合はマスクをはずす
  ・マスクをしている時は負荷のかかる作業や運動は避ける
 ③こまめに水分を補給しましょう
  ・のどが渇く前に水分を補給する(目安は1日1.2リットル)
  ・たくさん汗をかいた時は塩分も一緒に補給する

⇒ ▼過去のブログ記事はここをクリックするとご覧いただけます▼

医療の居抜きドットコム
メディワーク